わたしの便秘解消法

便秘薬を飲まないとで全く出ない超頑固な便秘体質だった私。便秘歴20年の間に試して「効いた」「効かなかった」方法について記しています。原因・症状の解説や便秘解消の、食べ物・飲み物・運動・マッサージ・薬・サプリ・など色々試してみた結果を感想にしました。

*

便秘の種類

ヨ―グルを食べても便秘が治らない、運動が効かない、など便秘解消法を試しても効果がない人もいます。
そういう人はご自身の便秘のタイプに合っていない対策をされているから効果がないと考えられます。

便秘の種類

便秘の種類(べんぴのしゅるい)

まず便秘には機能性便秘器質性便秘薬剤性便秘に区別されます。

器質性便秘

器質性便秘は大腸、小腸、胃、などの臓器に疾患があるために排便がしずらくなっているものを言います。
例を上げると腸閉塞で腸管が狭くなって便が詰まってしまい便秘が起こることなどです。

薬剤性便秘

薬剤性便秘は薬を服用で大腸の蠕動運動が抑えられ便秘になることです。
抗うつ剤、抗コリン剤、などが主に便秘を引き起こす作用があります。

機能性便秘

もう一つの機能性便秘は消化器官の働きが低下することで便秘を引き起こすものを言います。便秘症状になる人の多くは機能性便秘によるものです。

機能性便秘はさらに細かく分類されます。
機能性便秘には急性便秘と慢性便秘があります。

急性便秘

急性便秘は環境や食生活の変化により起こる一過性の便秘です。
ストレスや偏った食事が原因となりやすいのが特徴です。

慢性便秘

慢性便秘とは文字通り慢性的に便秘の状態が続くことで、便秘の悩みを抱えている人がこの慢性便秘であるケースが多いです。

慢性便秘もさらにタイプが分かれます。

弛緩性便秘

弛緩性便秘は筋力や腸の蠕動運動が低下し便が腸内を移動しにくくなっている状態です。
運動不足や加齢や女性など筋力が低下している人に多い型の便秘です。

痙攣性便秘

痙攣性便秘は緊張やストレスなどで自律神経が乱れ、腸の運動が強くなりすぎたり、腸が痙攣を起してしまうのが痙攣性便秘です。
痙攣しているために腸管が狭くなり便秘が起きます。

直腸性便秘

直腸性便秘は便が直腸まで下りているのにも関わらず便意が起こらない便秘です。
よくトイレに行きたいのを我慢していると、次第に便意を感じにくくなってしまうので直腸性便秘になりやすくなります。

最後に

便秘にもさまざまな種類があるので自分の便秘はどのタイプであるかを見極めるのが、改善するために大事です。

⇒自分の便秘の原因を知る


公開日:
最終更新日:2014/12/04