わたしの便秘解消法

便秘薬を飲まないとで全く出ない超頑固な便秘体質だった私。便秘歴20年の間に試して「効いた」「効かなかった」方法について記しています。原因・症状の解説や便秘解消の、食べ物・飲み物・運動・マッサージ・薬・サプリ・など色々試してみた結果を感想にしました。

*

便秘に効果がある成分

便秘を治すためには便秘に有効な成分を知っておくと薬やサプリメントや食べ物を選ぶ時に役立ちます。
便秘症状ににどのように働くのか、また副作用や注意点はないのか。
それぞれの成分のメリットとデメリットや実際に試してみた私の感想も含めて解説しています。

オリゴ糖

オリゴ糖糖は善玉菌の餌になる重要な成分です。
中でもオリゴ糖は途中で吸収されないので大腸にちゃんと届いて善玉菌のエサになり、便秘解消には重宝されています。
私自身も毎日のお通じにオリゴ糖が欠かせません。
しかしオリゴ糖もよく選ばないと全くといっていいほど便秘に効果がないことも。
かつて私がオリゴ糖で失敗した体験談をもとに、オリゴ糖についてやオリゴ糖選びのポイントを説明します。
詳しく読む

善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌)

乳酸菌 ビフィズス菌善玉菌は成分とは少し違うのですが、食品やサプリメントなどからの摂取で便秘解消にとても有効です。
善玉菌と悪玉菌どっちが多いかで腸内環境の良悪が決まります。
もちろん善玉菌が多い方が言いに決まっていますが、実のところ腸内を占めているのはそのどちらでもなく日和見菌という腸内細菌だってことを知っていますか?
腸内細菌の説明や乳酸菌とビフィズス菌の違いも説明します。
詳しく読む

食物繊維(不溶性・水溶性)

食物繊維で便秘になる!?便秘には食物繊維と言いますがその考えは危ないかも知れません。
自分に合っていない食物繊維の摂り方をするとかえって便が詰まって出てこなくなることもあるんです。
食物繊維には不溶性・水溶性の両方があり、この使い分けが便秘症状を改善するカギになります。
不溶性・水溶性食物繊維それぞれの作用やメリット・デメリットも説明します。
詳しく読む

マグネシウム

マグネシウムマグネシウムは体に必要なミネラルの一つですが、そのマグネシウムをたくさん摂取することで便秘を防ぐことが可能なんです。
その秘訣はマグネシウムの浸透圧を活用すること!
水分奪わさないでやわらかい便にしてお通じが良くなるようにする作用があるんです。けれど不安なのは副作用ですよね。
マグネシウムの作用・副作用について説明します。
詳しく読む

ビタミンC

ビタミンC美容の成分の代表格ビタミンCは便秘解消にも働く成分の一つ。
糖や乳酸菌だけでなくビタミンCも善玉菌のエサに成るのです。
また抗ストレスホルモンを合成する成分であり、便秘に大敵のストレスを軽減します。
しかしあんまり聞かないし、ビタミンCを過剰摂取しても良いのかわからないことがあると思います。はたしてビタミンCの便秘改善効果とは?
詳しく読む

カフェイン

カフェインカフェインは悪いイメージがつきがちですが、実はそんなことなくて健康にとても良い影響を与えてくれる成分でもあります。
良くない点もありますが少し注意すればあまり問題もないです。
そして便秘解消にも効果があります。
カフェインを取るとお通じが良くなる理由やがんへの影響についても説明します。
詳しく読む


公開日:
最終更新日:2016/05/24