わたしの便秘解消法

便秘薬を飲まないとで全く出ない超頑固な便秘体質だった私。便秘歴20年の間に試して「効いた」「効かなかった」方法について記しています。原因・症状の解説や便秘解消の、食べ物・飲み物・運動・マッサージ・薬・サプリ・など色々試してみた結果を感想にしました。

*

カフェイン

カフェインコーヒーを飲むと便意をもよおす経験がありませんでしたか?
それはコーヒーに含まれるカフェインが関係しているからなんです。

カフェインの効能

カフェインはコーヒーや緑茶に多く含まれている成分です。
交感神経興奮作用があり眠気を覚ます効果があります。

利尿作用や、記憶力向上効果脂肪燃焼効果もあります。

またがん予防・がん治療にも有効だとされていて、他の病気の予防にも効果があると近年ではカフェインの良さが見直されてきています。

しかし一方でカフェインの摂り過ぎは体に良くないとの見解もあり、カフェインが体に良いのか悪いのかまだはっきりと断定はできません。

カフェインの便秘に効く理由

カフェインには胃腸を刺激する作用があります。

カフェインが胃を刺激し動きが活発になります。
すると胃・大腸反射という体の構造により、胃が刺激を受けて動き出すと腸の方もたちまち動きを活発にします。

胃の場合は食べた物の消化を促進し、大腸では便を排出が促されます。

カフェインのメリット

カフェインの便秘解消効果には即効性があります。
あまり時間が経たない内に胃腸の蠕動運動が活発になります。

カフェインのデメリット

カフェイン 強い刺激があるので下痢症状を引き起こす場合があります。
※これに関してはコーヒーや緑茶の場合下痢症状を起こすのはカフェインではなくタンニンが体質に合わない方という説もあります。

食事と一緒に摂取すると食事で摂った鉄分が体への吸収を阻害されやすいです。

カフェインには利尿作用があるので摂り過ぎ水分不足になり便秘になる場合もあるので水分補給は十分に行いましょう。

摂り過ぎると自然なお通じのリズムを崩したり耐性ができカフェインの刺激が効きづらくなる場合もあります。

過剰摂取はカフェイン中毒・依存といった症状になることもあります。


⇒カフェインで便秘解消するコーヒーの飲み方


公開日:
最終更新日:2014/12/05