わたしの便秘解消法

便秘薬を飲まないとで全く出ない超頑固な便秘体質だった私。便秘歴20年の間に試して「効いた」「効かなかった」方法について記しています。原因・症状の解説や便秘解消の、食べ物・飲み物・運動・マッサージ・薬・サプリ・など色々試してみた結果を感想にしました。

*

赤ちゃんの便秘

赤ちゃんはよくうんちを出すので便秘知らずだと思われている方もいますが、赤ちゃんのうんちが出ないことで悩んでいるのお母さんは大勢いるんです。
3日間赤ちゃんがうんちをしていない、お腹が張ってくる苦しそう、かたくて黒いうんちしか出なくて心配。
大事な赤ちゃんが健やかに過ごせるように赤ちゃんの便秘と改善方法について学びましょう。

赤ちゃんの腸内は善玉菌が95%以上!

新生児生まれてすぐの新生児の時の赤ちゃんの腸内は95%以上が善玉菌です。

腸内には悪玉菌がほとんどおらず一生の中で1番腸内環境が良い時期です。
ほとんどを善玉菌が占めている腸内の状態は母乳やミルクで栄養をあげている期間までで続きます。

母乳は善玉菌を増やす

ただし母乳を飲んでいる赤ちゃんと人工のミルクを飲んでいるでは善玉菌の量が違います。
母乳はミルクに比べ消化が良く、また母乳にはヒトミルクオリゴ糖が入っていて腸内のビフィズス菌を増やすことがわかっています。
なるべくなら母乳で育てた方が赤ちゃんは便秘になりにくいです。

離乳食から便秘に

赤ちゃんに離乳食を与える頃ぐらいから便秘になりやすくなります。
それまで水分が多くやわらかかったうんちが固形物を食べることで量を増します。

離乳食に変えると母乳やミルクの時よりも水分が少なくなりうんちがかたくなってしまいます
消化機能がまた未発達の段階だと食べたものがうまく消化できず便秘を引き起こすことがあります。

また母乳に含まれているオリゴ糖が得られなくなったことにより善玉菌が減り、母乳の時よりも摂取する栄養にたんぱく質が多くなったことで悪玉菌優勢の腸内になることがあります。

どのくらい出ないと便秘?

赤ちゃんの便秘赤ちゃんは1日に何回もうんちを出しますが、3日に一度しか出ない子もっと長い期間でない子もいます。
3日間でなかったとしても赤ちゃんが機嫌が悪く苦しそうしているのでなければ神経質になることもありませんが、やはりお母さんとしては心配になりますよね。

あまりに便秘が続くとかたくなって出ずらくなるばかりか、切れ痔になることもあります。
赤ちゃんも苦痛を覚えて排便をしたがらなくなる場合もあるので、排便にマイナスなイメージをつけないためにも毎日自然とスムーズにうんちを出せるようお母さんがケアして上げることが大事です。

対処法1【のの字マッサージ】

赤ちゃんのお腹をマッサージで腸を刺激しお通じを助けてあげましょう。

のの字マッサージのの字マッサージのやり方

赤ちゃんのお腹に手のひらを優しく当てて時計回りに「の」の字を書くようにマッサージします。
絶対に強く押さないように注意してください。

ポイント

マッサージをする時は赤ちゃんのお腹に20ml程度のオイルをつけてマッサージをすると皮膚の摩擦がなく滑りが良くなります。
刺激の少ないホホバオイルやキャリアオイル・アーモンドオイルを用いましょう。

血行が良くなっているお風呂上がりに数回行うと効果的です。

対処法2【綿棒浣腸】

綿棒で赤ちゃんの直腸を刺激してあげる方法です。

綿棒浣腸のやり方

①赤ちゃん用ではなく通常のの綿棒を用意し綿の部分をほぐします。

②ほぐした部分に滑りを良くするためのオリーブをたっぷりオイルをつけて赤ちゃんの肛門にすぽっと入れます。

③2cmほどまで入れゆっくりやさしく腸壁を刺激するように回します。

ポイント

直腸を刺激することで直腸反射により便意が起こりうんちを排出しようと腸が動き出します。

腸が活発に動いている授乳後や食後30分くらいに行うと効果が出やすいです。

もしかたいうんちが直腸に詰まっているようだったら綿棒でかき出します。
その際赤ちゃんの腸壁や肛門を傷つけないように気をつけないといけませんので、難しい場合は病院でやってもらう方が安全です。

浣腸になれると通常の排便が難しくなることがあるので頻繁に行うのはよくありません。

対処法3【オリゴ糖】

自然なお通じを復活させるためには赤ちゃんの腸内環境を良くしてあげることが大事です。

それには赤ちゃんにオリゴ糖を摂らせてあげると腸内の善玉菌が増え腸が刺激され活発に動きやわらかい健康的なうんちが出るようになります。

乳酸菌のサプリメントや食物繊維でも良いですが、ほんのり甘く飲み物や食べ物に混ぜやすいオリゴ糖の方が赤ちゃんが抵抗なく摂取できます。
オリゴ糖は赤ちゃんが安全に摂取できる純度の高い者が良いでしょう。

オリゴ糖商品の中でもカイテキオリゴは赤ちゃんや妊婦さんも安全に摂取できるほぼ純度100%がオリゴ糖です。
天然のてん菜から抽出した天然のオリゴ糖なので安心です。高純度オリゴ糖なので純度の低い一般的なオリゴ糖商品よりも効果が期待できます。

⇒カイテキオリゴが赤ちゃんの体にやさしく便秘を治すわけ

カイテキオリゴの飲み方

カイテキオリゴの粉末を白湯やミルクにといてのませます。

最初から多く摂取するよりも1日1gから始め様子を見ましょう。
赤ちゃんのカイテキオリゴ1日摂取量は2~3gが推奨されています。

カイテキオリゴは優しい甘みがあるので赤ちゃんも好み、ミルクやジュースなど赤ちゃんが普段飲んでいる飲み物に混ぜてみると抵抗なく飲みやすいです。

カイテキオリゴは赤ちゃんに直接あげるだけでなく授乳中のお母さんが摂取することで栄養の良い母乳を赤ちゃんにあげることができます。
商品から摂取する便秘解消法だと赤ちゃんにかかる負担も少ないので、オリゴ糖で赤ちゃんの腸内環境を整えてあげましょう。

⇒赤ちゃんの体にやさしいカイテキオリゴとはどんなもの?


公開日:
最終更新日:2015/08/04